ニュース、2013年03月12日

Posted by on 12 3月 2013

スイスでのカルネヴァルが過ぎ、未だに寒い日々が続いています。
2月17日、首都ベルンにある在スイス日本国大使館が、私を映画「Negative: Nothing」に招待してくれました。あいかわらず感動的で思い出がまた一つ増えました。ここでもう一度お礼を申し上げたいと思います。
その一週間後、「Negative: Nothing」は、今度は一般公開としてベルンで再度上映され、もちろん私もまた参加しました。
このあいだ、私は、寿司ヨーコ•レストラン http://www.sushi-yoko.ch/?lang=ja とのインタービューに招待され、そこで木下さんのおいしいお寿司を存分楽しむことができました。ごちそうさまでした!
2月下旬、リューティ(チューリヒ)で90分の講演がありました。「Walking through Japan Project」についていつものように私の経験と現在の日本について語りました。観客は興味心身の様子でした。
さらに3月4日、映画「Negative: Nothing」の監督ヤン•クヌーゼルと私はスイステレビ局のテレトップに招待され、30分のインタービューをしました。
http://www.teletop.ch/programm/sendungen/top-talk/detail/artikel/negative-nothing-2900-kilometer-zu-fuss-fuer-japan/
面白いインタービューでした。司会役のSylvia Michelさんは私のプロジェクト「Walking through Japan」についてあまりにも詳しく知っていたのでびっくりしました。
3月6日、スイスの画廊で展示していた日本写真家の川内倫子に出会いました。http://www.rinkokawauchi.com/main/index.html. 彼女ととても面白い会話ができ、彼女の写真と彼女のその考え方について私はとても感激しました。
3月11日、その日私の思いと心は日本の皆様とともにありました。スイス•ラジオ局の司会者Hannes Hugさんと「フォーカス」というラジオ番組でのインタービューがあり、その後ヴィナーテゥールで「Negative: Nothing」をまた見に行きました。私はヤンとステファン•クヌーゼルの映画を見るたびに物思いにふけてしまいます。日本のことを常に考えています。引き続き、心から皆さまのご多幸と勇気をお祈り申し上げたいと思います。
次回のブログの更新は4月11日です。是非またご覧ください。それまで皆様お元気で。

トーマス•コーラより